Ingress ヘルプ

リクエストを送信

カプセル

概要

カプセルは XM オブジェクトを収容できるコンテナです。カプセルを地面にドロップして、エージェント間でアイテムをまとめて転送することができます。カプセルのコンテナは劣化しないので、何度でも収納と展開を行えます。

クイックヒント

  • カプセルがインベントリにある場合、カプセル内のアイテム数はスキャナーのインベントリ アイテムの最大容量に対してカウントされます。収容物によってインベントリの上限を超える場合は、カプセルをピックアップできません。また、カプセル自体も 1 つのインベントリ アイテムとしてカウントされます。
  • カプセルは地面にドロップしてしばらくすると消滅します。カプセルを確実に受け取ってもらえるように、ドロップする場所とタイミングについてカプセルを受け取るエージェントと調整することをおすすめします。
  • インベントリ アイテムがカプセル内にある場合、そのアイテムは保管中であり、使用することはできません。たとえば、カプセル内の XMP は発射できず、キーを使用してポータルをリチャージまたはリンクすることはできません。
  • カプセルをリサイクルすると、そのカプセルと中のすべてのアイテムに相当する XM を受け取ることができます。
  • カプセルは再利用できます。リサイクルしない限り何度でも収納、展開できます。

MUFG カプセル

MUFG カプセルは、その中に収容されたアイテムが時間と共に増殖する特別なカプセルです。MUFG カプセルは、通常のカプセルの機能もすべて備えています。

  • MUFG カプセルはインベントリ内にあるときだけアイテムが増殖します。地面に置かれた MUFG カプセル内のアイテムは増殖しません。
  • MUFG カプセルによって作成されたアイテムは、その MUFG カプセル内に出現するため、MUFG カプセルには作成されたアイテムを受け取るための空き容量が必要です。MUFG カプセルがアイテムの上限に達している場合、新しいアイテムは作成されません。
  • MUFG カプセル内のアイテムはインベントリ全体の上限にカウントされるため、MUFG カプセルから新しいアイテムを受け取るにはインベントリにも容量が必要となります。インベントリの上限に達している場合、MUFG カプセルでは新しいアイテムは作成されません。

カプセルを使用するには:

スキャナーから [OPS] > [インベントリ] に移動し、カプセルをタップします。ここで、カプセルの収納、展開、ドロップまたはリサイクルを行えます。

[収納する] をタップすると、アイテムをインベントリからカプセルに入れることができます。インベントリ内のすべてのアイテムを表示するカルーセルや、カプセルに保管する各アイテムの数を指定するためのプラスボタンとマイナスボタンが表示されます。

プラスボタンを使用してアイテムの数量を増やすと、カルーセルがロックされ、[転送] と [リセット] ボタンが有効になります。マイナスボタンまたはプラスボタンを押し続けると、転送するアイテムの量をすばやく選択できます。次に、[転送] をタップしてアイテムをカプセルに移動します。[リセット] をタップすると転送がキャンセルされ、そのアイテムの数量が 0 に戻ります。

カプセルとその収容物を別のエージェントに転送する準備が整ったら、[ドロップ] をタップし、自分の現在地でカプセルを放します。

カプセルをピックアップするには、スキャナーでカプセルをタップし、[取得] をタップします。

アイテムをカプセルからインベントリに転送するには、カプセルのメニューで [展開する] をタップし、カプセルの収納と同じ手順を行います。